手書きならではメリット

住宅の間取りなど建築を行う前のイメージ図を作成する製図作業は時代の移り変わりの中でシステム化されてきています。しかし、企業の中にはあえて手書きでの作業にこだわっている所も少なくありません。製図を手書きの作業で行う大きなメリットの一つがコストの削減です。CADと呼ばれるパソコン用の設計システムは、導入するに当たって費用が発生します。機能などによる若干の違いはありますが、最低でも数十万円以上のコストが必要です。レンタルで利用するのであれば初期費用は抑えることはできますが、契約している間は継続的に費用が発生します。

一方で手書きは紙や鉛筆、消しゴムといったコンビニや文房具店で数百円程度で購入できるものだけで済ますことが可能です。勤めていた企業を辞めてフリーランスとして独立するなど、起業に多額の予算を掛けられないといった人にとってこの点は大きな魅力と言えます。

利用における注意すべきポイント

手書きによる製図はコストの削減という大きなメリットがある反面、気を付けなくてはいけない点もいくつかあります。その一つが作業効率の低下です。CADのような設計システムの場合は、誰が行っても大きな違いはありません。一方で手書きによる製図は、個々の能力によって作業に掛かる時間や出来上がりの質などが異なります。経験の浅い人に作業を任せたことで、期間内に終わらずに残業をする羽目になるといったケースも少なくありません。時間に余裕のある作業は新人に任せて、重要な案件は経験者に担当させるなど仕事内容に応じて柔軟に変えていくことが大切です。

電気CADは、家電製品や配線などの工事をメインに行う工務店の作業担当者にとって不可欠なツールの一つです。